ライフハック

飲み会断り隊のマニュアル 〜飲み会の上手な断り方〜

ひろせ
ひろせ
会社の飲み会断り隊、隊長。ひろせです!

「会社の飲み会に行かず、他にやりたいこといっぱいあるんだよなー」

しかし、会社の中だと、はっきりと飲み会に行きたくないと言える相手は意外と少なくて、断るのにも一苦労ですし、最悪断りきれず、嫌々参加するなんてこともありますよね…

そんなあなたに、会社の飲み会断り隊隊長の私、ひろせが上手に断る手法を伝授しましょう!

僕にとって会社の飲み会とは

気を悪くする方もいらっしゃるかもしれませんが、僕個人としては、

百害あって一利なし。

これです。まあ、話が合う人と行く居酒屋は嫌いじゃないんですけどね。

 

参加しないといけないような雰囲気の会社の飲み会は大嫌いです。

僕のような若手にとっては、ほぼ仕事みたいなもんですよ!

目上の人や気が合わない人に気を使いながら飲む酒が美味しいわけがない!

 

そして、大切なお金時間を失う…

なぜ代価を払ってほぼ仕事のようなことをしなければならないのか…

理解できません。

 

 

…とは言っても、僕も入社当時は頑張ってました!

しかし、上司全員に挨拶にいったり、お酒を注いだりしなければいけない雰囲気に違和感を感じ、だんだん足が遠のいていきました。

会社の飲み会に行かない理由

本音を言って断ることができれば良いのですが、本音が言えない、通用しない場合もありますよね。

そんな時は、代わりにそれらしい理由が必要ですので、僕の考え得る限り紹介します!

※一部の飲み会には参加し、単発で飲み会(僕の場合、会社の半強制参加みたいな飲み会)を断る時の方法です。

体調が悪い

体調が悪いフリで大丈夫です!

シンプルですが、成功率高めです。当日の朝などの急に誘われた時に有効でしょう。

「体調が悪いので不参加でお願いします」

これで十分だと思います。

下手に詳しい説明をするとボロが出てしまう可能性があるので、必要最低限の説明がベターでしょう。

それでもしつこく聞かれた時は、僕の場合「医者に止められているので…」などで対応しています。

医者が言っていることは守らなければなりませんので、これは説得力があると思っています。診断書などを求められることはありませんし、求められても、こちらに見せる義務はありません。

 

お金がない

月に1回か2回くらいならお金を理由にもできます。独身の人にはあまりオススメしません。

既婚者でお小遣い制の人であれば、使いやすいですね!

 

しかし、奢ってでも連れて行きたいと言われた場合、アウトですので、使う相手は考えなければなりません。

また、多用すると信じてもらえなかったり、逆に変な心配をされる場合もありますので、注意が必要ですね。

 

結構、僕の周りの既婚者の人はこれを理由に飲み会を断ってます。

 

先約がある

僕はこれを多用します!

実際に何も予定がない場合(僕はそれがほとんど)は、具体的に何があるのかは言わずに、

「先約がありますので…」「他で約束が…」

とかで良いと思います。変に話を作り上げるとボロが出てしまいますので。

間違えても、お葬式などを理由にしないようにしましょうね。

 

ただ、先約があるパターンは初めての時は言うのに勇気がいるかもしれません。

「会社の飲み会より大切なことがあるのか!?」とか言われそうで。

しかし、そんなことは心配する必要ありません!大切なことは人それぞれですので。それを否定し、飲み会に無理やり連れて行くような会社員はいないでしょう。(いたとすれば、パワハラです)

 

 

 

飲み会のみを断る時は、断る際に周りへの配慮を忘れないようにしましょう!

「すいません!また誘ってください。」くらいで良いと思います。

全ての飲み会を断りたい場合

僕は自分が行きたい相手との飲み会は参加するのですが、中には飲み会そのものが嫌いで、全て断りたい人もいらっしゃるかと思います。

そんな人の場合、単発とは違い、長期に渡って断れる理由が適切です。

健康診断などでNGが出ている

すでに紹介した、体調が悪いに似ていますが、それを長期的に利用する手法です。

 

「健康診断で脂っこいものは控えるよう言われているので…」

くらいが良い断る理由でしょう。お酒だとノンアルコール飲料が弱点になってしまうので、何か不健康そうな類の食べ物の方が良いでしょう。その場合、それ以外の食事で矛盾が生まれないようにしなければなりませんが…

言い方を変えれば、矯正してしまえば、健康な食生活で飲み会も断ることができますね!笑

 

少しの努力が必要ですが、有効な理由ではありますね!

健康診断NGがたとえ嘘でも、健康診断結果を見せろとは言われないでしょうから。(そのような人がいたとすれば、パワハラです。2度目)

 

何かの理由でお金を貯めている

こちらも、すでに紹介した、お金がないに似ていますが、それを長期的に利用するために、少しひねりましょう。

 

「結婚資金を貯めていて、無駄使いできない」

「やむ得ない理由で、実家に仕送りをしなければならなくなった」

「老後資金の対策をしたら、今の生活が苦しくなった」

こんな感じですかね。ちょっと苦しい部分もあるかもしれません…

とにかく、長い期間、お金の無駄遣いができなくなるような理由であれば良いと思います。

 

お金がないのと同じで、こちらに関しても、奢るからと言われた場合の対策は必要ですね。

断った時の理由に絡めて考えておきましょう!

結婚資金を理由にした場合は「今後についての話もあり、彼女との時間が大切な時期ですので…」とかかな?

 

 

 

 

飲み会を全て断りたい場合でも、断った時の周りへの配慮は忘れずに!

「〇〇(断る理由)をちゃんと解決したら、行かせていただきます!」

とりあえず、これくらい言っておくと、行くつもりなくても角が立たずに済むと思います。

ひろせ
ひろせ
個人的に、時には嫌われることも必要だと思いますが…笑

どちらにしても、自分のことを考えてくれていると思う人への配慮はしておきましょう。

まとめ

僕は飲み会そのものが嫌いな訳ではありませんが、

行きたくない、楽しくない、意味がない、そんな飲み会に行く必要はありません。

そして、皆様の『会社の飲み会断り隊』への入隊お待ちしています!